三角関数

三角関数

ヘロン公式

ヘロン公式 三辺が分かっている場合の三角形の面積を求める公式になります。   $S=\sqrt{s(s-a)(s-b)(s-c)}$  ※$s=\displaystyle\frac{a+b+c}{2}$   (adsb...
三角関数

余弦定理 

余弦定理の証明とベクトルとの関係です。
三角関数

中線定理

中線定理の解説と証明です。
三角関数

sin15°の求め方

sin15°の求め方の解説です。
三角関数

\(\sec x\),\(\csc x\)、\(\cot x\)

  三角関数 高校数学ではこの3つの三角関数は登場しませんが、たまに見かけるわりには説明されることも少ないのでまとめます。 とは言っても三角関数を分かっていればすぐに理解できます。   三角形の比の値の定義は本来なら3通りではなく、...
三角関数

マチンの公式

マチンの公式とは、円周率の計算のための公式です。   マチンの公式 \(4\arctan \displaystyle\frac{1}{5}-\arctan\displaystyle\frac{1}{239}=\displaystyle\...
三角関数

積和、和積公式まとめ

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この公式は加法定理から出せるので覚えなくてよい。   積和公式 一覧 ① \(\sin \alpha\cos\b...
三角関数

二倍角、三倍角公式、半角公式

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2倍角公式 公式 \(\sin 2\theta=2\sin\theta\cos\theta\) \(\cos 2\t...
三角関数

加法定理の証明 行列、オイラーの公式

加法定理 加法定理の証明は教科書にはおそらく単位円を用いたような 証明が載っていると思います。(今もそうなのかは分かりませんが。)今回は、行列及びオイラーの公式で証明してみます。   行列 \(\theta\) 回転は一般に行列を用い...
三角関数

2倍角、3倍角公式の2通りの証明

2倍角、3倍角公式の証明を加法定理による方法、ド・モアブルの定理による方法で証明します。     加法定理 加法定理を用いて証明します。加法定理に代入するだけです。   以下のページと内容被ります。   2倍角公式 \(\sin 2...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました