競技かるた 

シェアする

競技かるた 

 

流れ

番号は流れ順。(勝手につけたものです。)

 

1番

50枚の札を二人で25枚ずつ分け、並べる。

100枚のうち50枚を使う。これは、その場で選ぶ時と既に50枚選ばれている場合とがある。

 

2番

並べ方は縦3段、横幅87cm以内を守れば、並べ方は自由。

下の感じです。※画像の配置は適当です。

 

自陣の札25枚を自由に並べる(ふつうは定位置を決めている。)

 

3番

暗記時間15分

暗記時間とは、札の配置を覚えたりする時間です。静かに覚えます。 

残り2分になると、合図があるので、それ以降(最後の2分)は素振り可能。

 

4番

対戦相手と読手に礼。

 

5番

序歌が詠まれる。(競技には関係しない)

序歌とは「難波津に咲くやこの花冬ごもり今を春べと咲くやこの花」のこと。

この札は直接、競技には関係しない

 

6番

競技します(詳しくは後述)

 

7番

競技が終了したら、まずは対戦相手と読手に礼をする。

その後、枚数差の確認と札確認をする。最後にもう一度礼をして終了。

 

競技

基本事項

・一人25枚ずつで、先に自陣をなくした方の勝ち

・上の句をきいて対応する下の句を取る。

・自陣を取ればそのまま。敵陣を取れば相手に1枚札を送る(送り札)

・お手つきによる札の変動もある(後述) 

 

札の取り方

①先に札に触る

②競技線の外に出す。(つまり、札に直接触らずとも、取りになることがある。)

 

お手つき

お手付きは以下のふたつがある。

 

①読まれた陣と違う陣の札に触れてしまった。

②空札(場にない札)の時に札に触ってしまった。

 

これらの時、相手から1枚、札が送られる。

逆に考えると、読まれた札がある陣と同じ陣であれば、何枚触ってもよい(=お手つきにはならない)。

 

空札

100首あるのに、50首しか置いていないため、必然的に場にない札が詠まれることが出てきます。これを空札と言います。これが詠まれた時は札に触れるとお手つきになります。

 

挙手

札を取ると、場が乱れます。「並べるまで、次の札を詠まないで」と読手に伝えるために手を挙げます。(並べていない側が挙げる

また、送り札の時も手を挙げる。(送る側が。)

 

並び替え

首と首の間の時間には、札を移動してもよい。(詰めるなど)

この時、相手に伝えつつ、挙手して動かす。

 

 

 

 

シェアする