摂氏、華氏

シェアする

 

摂氏、華氏

 

 

摂氏(セルシウス度)

これは、日本で普段使われている温度のことです。

単位は℃である。

氷になる時を0℃、沸騰するときを100℃としている。

 

華氏

アメリカで使われているものです。

単位は\(F\)である。 

氷になる時を\(32F\)、沸騰するときを\(212F\)としている。

 

おまけ

絶対温度……絶対零度(温度の最小)を0とする温度。\(K\)が単位。

\(0K\)は\(-273.15\)℃。

 

 

関係性

摂氏\(t\)(℃)、華氏\(t’(F)\)、絶対温度\(T(K)\)

 

摂氏と華氏

 

\(t’=\displaystyle\frac{9}{5}t+32\)

 

例、\(40\)℃は\(104F\) になる。

 

摂氏と絶対温度

\(T=t+273.15\)

 

 

シェアする