天の川銀河

シェアする

 

我々のいる太陽系を含む銀河。天の川銀河または銀河系と呼ばれる。

 

天の川銀河の概要

イメージ画像

 

銀河の中心

ブラックホールが存在している。

 

地球から見て、いて座の方向にあたり、「いて座A*」と呼ばれている。ブラックホールはたくさん存在しているそうですが、まだ、どれくらいあるか等詳しくは分かっていないそうです。

 

太陽系

太陽系は天の川銀河中心からおよそ26000光年離れた位置にあります。そして、およそ秒速240kmという速さで銀河中心のまわりをまわっている。

 

断面

断面の形はこのような感じです。中心部分の太いところでは15000光年、端の方では1000光年ほどの厚みがあります。

 

天の川

天の川は銀河の中心方向を見たものです。

 

夏……太陽より地球の方が銀河の中心に近い=夜、銀河の中心方向を見ることになる。

冬……太陽より地球の方が銀河の中心から遠い=夜、銀河の中心と反対を見ることになる。

 

よって、夏に天の川が見えます。

 

構造

銀河は渦巻き状の構造をしています。

中心……「バルジ」 年老いた恒星が多い。

円盤部……「ディスク」 若い恒星が多い。

円盤部を覆う球状の部分……「ハロー」 年老いた恒星が多い。

 

バルジやハローは球状星団が分布、ディスクには散開星団が分布。

 

渦巻き型であるが、いくつかの渦状腕が集まったような構造となっている。

太陽系はそのうち「オリオン腕」に属する。

 

 

シェアする