太陽系

シェアする

 

太陽系の星々の公転は反時計回りで、ほぼ同一平面上(黄道面)に存在している。

 

 

 

 

構造

太陽に近い順番です。

 

太陽(恒星)

太陽系の中心にあり、恒星である。

 

内太陽系

地球型惑星

水星

金星

地球

火星

 

 

小惑星帯

これが惑星にならなかった理由ははっきりとはしていませんが、木星の重力の干渉が原因ではないかと言われています。

ちなみに、ここには「ケレス」という準惑星があります。

 

外太陽系

木星型惑星

木星 

土星

天王星

海王星

 

 

準惑星

冥王星……もとは惑星だったが、遠く小さい、大きな衛星がある等により準惑星に分類された。

ハウメア

マケマケ

 

 

太陽系小天体

惑星、準惑星を除くもの。

小惑星、彗星、太陽系外縁天体に分類される。

太陽系外縁天体をさらに分類すると

「エッジワース・カイパーベルト天体」、「散乱円盤天体」、「オールトの雲」に分類されるが範囲が被っているなど、あいまいな点が残る。

冥王星が準惑星になって以来、新たな分類がいろいろされてきているが、まだ観測がそもそもあまりできていないこともあり、完全ではない。

 

太陽系の果て

定義によりバラバラとなっていてはっきりとはしていない。

 

 

太陽系豆知識

 

太陽からの光

太陽から出た光が地球に届くのには8分と少しかかる。

つまり、仮に太陽が突然消滅したとしても、8分と少しの間は明るい。

 

金星の一日と一年

公転周期(225日)より自転周期(243日)なので金星では1年より1日のほうが長い。

 

太陽系自体も銀河の中心のまわりをまわっている。

 

 

 

シェアする