宇宙の構造

シェアする

 

宇宙の構造について現在分かっていることをざっくり書きました。

 

太陽系

我々の地球太陽を中心とする太陽系の第3惑星です。

 

太陽を中心として、「8つの惑星+いろんな天体」で構成されています。

 

太陽系に関しては以下の記事にまとめました。

 

太陽系についてその構造と少しの豆知識です。

 

 

天の川銀河(銀河系)

我々の住む、地球を含む太陽系は「天の川銀河」または「銀河系」と呼ばれる銀

河に属しています。

中心にはブラックホールがあり、天の川銀河の直径は約10万光年(光の速さで10

万年)もあり、約1000億個の恒星が存在しています。

 

太陽系は中心から約26000光年ほどの位置にあります。(ちなみに銀河の中心方

向を見ると見えるのが天の川。←織姫と彦星の話に出てくるあれ)

 

天の川銀河についても下の記事にまとめました。

 

我々のいる天の川銀河に関する内容です。太陽系の位置、銀河系の形などまとめました。

 

 

局部銀河群

 

銀河が互いの重力によっていくつか集まると銀河団(銀河群)と呼ばれるものになります。

 

銀河団……おおむね100以上の銀河の集合体。

銀河群……銀河団より小さい集団。

 

そして、我々のいる「天の川銀河」は「アンドロメダ銀河」などを筆頭に40ほどの銀河が集まった「局部銀河群」という銀河群を作っている。

 

局部銀河団について詳しくは下の記事を参照。

我々が属している銀河団こと、局部銀河群

 

 

おとめ座超銀河団

そして、一般に銀河団が集まると超銀河団というものになる。

 

我々のいる「局部銀河団」は「おとめ座超銀河団」と呼ばれる超銀河団の一員である。100程度の銀河群、銀河団からなる。

 

ちなみに、超銀河団は泡構造のようになっていて、表面に銀河等が存在し、泡の中に相当する部分は何も存在しない「超空洞」と呼ばれている部分があると言われている。

 

 

ラニアケア超銀河団

先ほどのおとめ座超銀河団、このラケラニア超銀河団の一部だそうです。

超銀河団が被っていて、階層構造がちょっとわかりにくいですが。

2014年に新しく提唱されたということだそうで。かなり最近です。

この先はまだあまり分かっていない感じです。

調べたら、「うお座・くじら座超銀河団Complex」なるものがあるらしい。

 

 

 

シェアする