図形問題、角の和

図形
スポンサーリンク

[mathjax]

図形問題

有名問題です。

 

 

 

3つの正方形を並べ、角を上のようにとる。

この時、上図において\(\alpha+\beta=\displaystyle\frac{\pi}{4}\) (=45°) が成立。

 

 

証明1 三角関数

三角関数やっていればこれが一番簡単だと思います。

 

図より   \(\tan \alpha=\displaystyle\frac{1}{2}\) \(\tan \beta=\displaystyle\frac{1}{3}\) 

 

加法定理を使って以下のものを計算する。

\(\tan (\alpha+\beta)=\displaystyle\frac{\tan \alpha+\tan \beta}{1-\tan \alpha \tan \beta}=\displaystyle\frac{\displaystyle\frac{1}{2}+\displaystyle\frac{1}{3}}{1-\displaystyle\frac{1}{2}\times\displaystyle\frac{1}{3}}=1\) 

 

\(0<\alpha,\beta< \displaystyle\frac{\pi}{2}\)より \(0 < \alpha+\beta < \pi\)

 

つまり、\(\alpha+\beta=\displaystyle\frac{\pi}{4}=45^{\circ}\)となる。

 

 

証明2 幾何

まず、下の図のように問題の図を折り返す。

 

三角形ABCを考える。比が重要で絶対的な長さに意味はないので、正方形の一辺の長さを1とする。

 

\(AB=\sqrt 5\) 、\(BC=\sqrt 5\)、 \(CA=\sqrt 10\)

よって三角形ABCは角B=90°の直角二等辺三角形。

つまり

 

\(\alpha+\beta=\displaystyle\frac{\pi}{4}\)

 

証明3 複素数

 

3つの正方形の左下を原点として長さ1で座標設定。

 

\(\gamma=2+i\) 、\(\delta=3+i\)   とおく。 \(\arg \gamma=\alpha\) 、\(\arg \delta=\beta\) となる。

 

ここで \(\gamma\delta=5+5i=5\sqrt 2(\cos \displaystyle\frac{\pi}{4}+i\sin \displaystyle\frac{\pi}{4}) \)

 

よって \(\alpha+\beta=\arg \gamma+\arg \delta=\arg \gamma\delta=\displaystyle\frac{\pi}{4}=45^{\circ}\)

 

タイトルとURLをコピーしました